胃の不快感

食べ過ぎや飲み過ぎなどによって胃酸量が不安定になったり、或いは強いストレスを受けたりすると、胃液は胃の粘膜を気づ就けてしまい、不快感からやがて痛みに変わります。消化機能を整える「中脘(ちゅうかん)」と呼ばれるツボは、胃のトラブルに対してダイレクトに効く特効ツボだと言えます。同時に自律神経にも作用する為、精神的ストレスも和らげてくれます。ツボの見つけ方ですが、おへそ中央上に小指を当て、真上に指幅4本分上がった所にあります。中指の腹をツボに当て、身体の中心に向かってやさしく押していきます。これを3~5回押します。胃の調子を整えて活性化させる為、食欲を高める効果も期待できます。食が進まないなと感じる時に試してみると良いかもしれません。ツボ治療を「点」とするならば、リンパは「面」だと言えます。胃の周辺をマッサージする事で、「点」と「面」から同時にケアしていく事が出来ます。胃の周りのマッサージは、おへそ辺りに手のひらを重ね、少し圧をかけながらみぞおち辺りまでらせん状にマッサージしていきます。胃のリンパは、胃壁の周囲に動脈に沿うようにして張り巡らされています。圧をかける事でリンパ管やリンパ節が刺激されます。マッサージによって刺激され、内臓機能が高まれば代謝も良くなります。身体の代謝機能が向上するという事は、脂肪も燃焼されいやすくなります。延いては広い意味でのダイエットにも繋がると言えるでしょう。今やっているダイエットと併せて行うとより有効だと言えるかもしれません。エネルギーの代謝という点でお話ししますと、冷たい食べ物の摂り過ぎは禁物です。冷たい食べ物・飲み物を摂ると身体が冷え、エネルギー代謝は低くなります。代謝が低いという事は、太りやすい体質になるとも言えます。ですので、食事中に身体を冷やし過ぎないようにする事も大切ですよ。

「」サイトトップへ