筋金入りの麻雀愛好家バスタスが気ままに書きます。

バスタスの麻雀ろぐ

ぶろぐ

一人プレイ

投稿日:2019-04-21 更新日:

残念ながら1990年代のコンピューターなどにはその性能に限界があったため十分に麻雀を応用的に楽しむということができなかったということもあるわけですが、最近では、コンピューターの精度が上がったのはもちろんのこと、インターネットなどの発達によって遠く離れた人と麻雀をすることができるようになったというだけでなく、コンピューターに対しての麻雀も相当にレベルが高くなっているというようなことがあるという風に言われているようです。

最近では、インターネットの料金なども非常に安くなってきているため、会員制のネット麻雀場などが開設されるなど白熱した麻雀を楽しんでいる人も多いという風に聞いたことがあるような気がします。

そのような麻雀の最終的な目標として挙げられるのは、繰り返し麻雀に買っていくことで、最終的な勝利を目指すというな形式です他のボードゲームやカードゲームなどと大きく異なるのは、一度きりの麻雀で勝つだけでは総合的な勝利という風にはならず、親を変えて繰り返しゲームをしていくことで、最終的に 勝利数が最も多い人が一位というふうに決められているわけです。

つまり、多くの場合麻雀は四人でやることが多いわけですから、他のゲームプレイヤーである3人を押さえた上で一位にならなければならないという点はかなり競争性が高いゲームであるという風に言えるかもしれません。

インターネットや雑誌などでは、よく麻雀は全てがうんで成り立っているという風に言う人も多いかもしれませんが、しっかりとした記憶力や判断力がなければ運すら掴むことができないというふうに考えられるでしょう。

結局のところ、ほとんどの場合は偶然かつというよりかは戦略を練った上で勝つというケースの方が多いわけですから、きちんと考えた上でプレイすることが重要だという風に言えるでしょう。

-ぶろぐ

Copyright© バスタスの麻雀ろぐ , 2019 All Rights Reserved.