筋金入りの麻雀愛好家バスタスが気ままに書きます。

バスタスの麻雀ろぐ

ぶろぐ

ルール造り

投稿日:2019-05-16 更新日:

マージャンの急激なブームがアメリカで起こったためにルールが大きく乱れてしまい、ルールが正しく制定されるまでには長い時間を要したということも当時はあったという風に聞かれるようです。

そのため解説書や参考書などが出版されるなどして、きちんとルールが定められた後はアメリカの国家的な麻雀 Association などが結成されるなどして、より、大きく発展していったというふうに考えられているようです。

現代でも麻雀連盟は数十万人に及ぶ範囲を持っており、まだまだ衰えることを知らない会員数を誇っているということは素晴らしいことであるという風に言えるのではないでしょうか。

麻雀というものが、あまり受け入れられていないというようなことを感じる日本においては、アメリカでも流行しているというようなことを、きちんとうちだしていけば静養に憧れを持ち続けてきた日本人にとっては、より一層受け入れやすくなるという風に考えてしまっていいかもしれません。

アメリカや日本を問わず最近では、麻雀に関するゲームが発売されることが増えてきており、ゲームをしながらなるべく簡単に麻雀について学ぶということができるようになってきたという風に言われているようです。麻雀というものは相手がいなければできないため、ゲームなどでコンピューターの相手などを設定して、まずはルールから実践しながら覚えていくということが、最先端の方法であるという風に言われることもあるようです。

普段なら、雀荘に行かなければならないモノのインターネットの麻雀があれば、見ず知らずの人とすぐに麻雀を始められるのは、現代ならではのメリットであると言えそうです。

-ぶろぐ

Copyright© バスタスの麻雀ろぐ , 2019 All Rights Reserved.