神経を休めるのも大事

「交感神経」「副交感神経」のそれぞれのバランスが上手く調整されることで、皆さんは活発的に行動をしたり、休息をとって疲労の回復を行っていらっしゃるのです。多忙な毎日の中で「交感神経」ばかりが優位に働いてしまうと、休息モードである「副交感神経」の働きが悪くなってしまい、毎日の疲労回復がうまく行われなくなってしまうことがあるそうです。「肩こり」「めまい」「吐き気」「頭痛」などの体調不良は、本来、皆さんが持っている回復力として副交感神経が上手く身体に働きかけを行えていないことが原因となって体調不良が生み出されるのではいかと研究者たちは述べております。「自律神経失調症」とは、自立神経の「交換神経」の働きと「副交感神経」の働きのバランスの乱れの総称でもあるようです。自律神経の乱れを整えるためには、積極的な休息などを取られることも良いと考えられているようです。日中朝早くからめいっぱい活動をしたお仕事帰りには、整体やマッサージなどでご自身の活動モードを休息モードに緩めてみてはいかがでしょう。