日本の将来を支える若者たちの筋力について

皆さんは「人生100年時代」とされる老後の長い時間をどのような健康管理のもとに過ごされるご予定でいらっしゃいますか。人生100年時代とはいっても、そこには健康寿命が伴わないのであれば、寝たきりの時間を過ごすだけの老後にもなりかねません。年齢を重ねれば腰が曲がり、足腰が弱くなり、寝たきりの生活となることは致し方ないなどと諦めの気持ちをお持ちではありませんか。年齢を重ねるごとに身長が低くなった、体格がひとまわり小さくなったなど、ご自身の存在感が薄くなる傾向を感じ取る高齢者方々が多いようですが、このような現象は、ただ単に筋力の衰えが招く姿勢の悪さや、猫背、腰が曲りなどが影響している感覚であると考えられているようです。実際、高齢者でなくとも現代的な生活のなかで、筋力の衰えを抱えている、現代の若者たちのなかには「肩こり」「腰痛」などといった症状が多く報告されているようです。メディア情報などによると小学生などが整体やマッサージなどに通うことで、「肩こり」や「腰痛」を軽減させているなどと行ったリポートもあるようですので、人生100年時代における現代の若者たちの筋力不足は、明るい日本の将来を支えていけるとは言い難いようです。